KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

【那須】深まる秋に紅葉を楽しむキャンプ

f:id:makikosuwa:20181111120600j:image

11月の2週目、キャンプ好きのお友達に誘われて那須高原にキャンプしてきました。

 

今までキャンプと言えば夏!と思ってましたが、秋キャンプ、寒さ対策さえしていけば、かなり良いですね!!!

 

 

秋キャンプの魅力

①紅葉

f:id:makikosuwa:20181111120544j:image

やっぱり紅葉していると景色が最高ですね。

紅葉だけでもアガるのに、

紅葉×キャンプ

の掛け合わせは、テンションアガりまくりです、!

 

f:id:makikosuwa:20181111172508j:image

のんびり椅子に座ってコーヒー飲んでるだけで至福の時間。


f:id:makikosuwa:20181111120530j:image

見上げれば、青空と紅葉ー。

 

f:id:makikosuwa:20181111130312j:image

とにかくフォトジェニックだし。

その時期にしか見られない光景というのはやはり特別です。

 

②落ち葉

f:id:makikosuwa:20181111121402j:image

今回紅葉も終わり際だったこともあり、落ち葉の絨毯がフッカフカな状態でした。

 

それもまた秋の豊かさを感じる要素。


f:id:makikosuwa:20181111121357j:image 

踏んで歩くとサクサク、ふかふか。

 

落ち葉がある季節はもちろん冬支度なんだけど、でも地面から直に寒さが伝わらず、なんだか暖かい感じがするのは気のせいじゃないはず!

 

f:id:makikosuwa:20181111125603j:image

沢山の落ち葉の上に建てるテントもタープもこれまた絵になる!


f:id:makikosuwa:20181111121412j:image

焚火台も周りに落ち葉たくさんだと絵になる!

 

そして絵になるだけでなく、落ち葉が良い仕事するんです。

薪を燃やして火を焚くわけですが、ちょっと火力が弱い時に、落ち葉を入れるとすぐに炎が大きくなるんです。

 

お料理するにも、暖をとるにも、ちょっと明るく照らしたい時にも、火を瞬時に大きくしたい時に、落ち葉が役に立ってくれます。

 

 

③秋の味覚

実りの秋、食欲の秋には旬の食材がいっぱい!

それに加えて、地元で食料を調達すればその土地のその季節の名産が楽しめます。

 

f:id:makikosuwa:20181111132716j:image

今回の那須では、地元のお蕎麦屋さんで売っていた、この見事な椎茸をGET。

 

f:id:makikosuwa:20181111133005j:image

肉厚で、椎茸の旨味たっぷり!

本当は網焼きするともっと香ばしいでしょうが、今回はフライパンで。

でもそれもそれでジューシーで美味しかったです!!

 

そして栃木産のイチジクも安い!
f:id:makikosuwa:20181111132720j:image

ばっちり熟れてて、丁度食べごろでした!


f:id:makikosuwa:20181111132712j:image

生ハムにクリームチーズとイチジクを巻いて、オリーブオイルとイタリアンパセリをかければ、立派なオードブル。

ホットワインにもよく合います。

 

④蚊や蛾がいない

これ、夏キャンプと一番違って良いところ!

夏は灯りをつけるとそこに蛾がたくさんやってくるからトイレも怖いし、蚊に刺されるのが辛いですが、秋キャンプはそれが一切なかったです!!!

なんて快適!

 

 

⑤星がキレイ

夏よりも空気が澄み渡る冬に近い秋には、キレイな星空が見られるのもまた魅力のひとつ。

 

f:id:makikosuwa:20181111135446j:image

少しずつ暮れていく雰囲気も、夏とはまた違う風情があります。

 

残念ながら星空はiPhoneのカメラでは映らなかったけど、焚火を囲んで暖かい飲み物を飲みながら空を見上げると、満点の星空!というのも最高の時間です。

 

 

秋キャンプのデメリット

①寒さ

何と言ってもコレですよね。

魅力、に倣って、①②と見出しに番号をふりましたが、デメリットは1つのみ、です。

 

でもそのデメリットが唯一で最大のデメリット。

f:id:makikosuwa:20181111121215j:image

しかも、今回二泊して着いた日はあいにくの曇り。

それはそれで、霧がかっている光景が風情があるのですが、小雨でも降るとかなりシンドイです。

 

 

寒さ対策

 

濡れた落ち葉の上にテントを敷くと、その上にちゃんと防寒のマットを敷くか、保温性の高いシュラフにしないと結構寒いです。

 

ただ!

防寒は、わかりきっていることなので、かなり対策しようがあります。

 

 

1.ウェア

まずは、

UNIQLOのヒートテックのインナーやレギンス、嵩張らないウルトラダウンも活躍してくれます。

UNIQLOなら、火の粉が飛んで服に穴が空いてもまだ許せるし。

 

そして、セブンイレブンで買ったネックウォーマースマホが反応する手袋も欠かせない防寒グッズでした。

手袋はペグを打ったり、ちょっと熱いものを持ったり、作業する時にも痛くないから、一石二鳥です!

 

そして、貼るカイロ

 

これでバッチリでした!

 

もちろん、PatagoniaNorth Faceできちんと且つオシャレにアウトドアファッションを楽しみつつ、防寒対策しても、ですが、キャンプビギナーの私たちには、キャンプの時以外でも使えるアイテムだけ購入しました。

 

 

2.温まるお料理

f:id:makikosuwa:20181111141809j:image

寒い時にはやっぱり汁物、やっぱり鍋!ですね。

シメに飯盒で炊いたご飯で雑炊にして、それだけで、自然の中、外で食べるとなんでこんなに美味しいのかしら。

 

そしてお酒は、体を冷やしやすいので、ビールはまだ明るいうちだけにして、その後はホットワインをひたすら。

 

シナモンスターアニス、クローブなどのスパイスも入っているから温まります。

寒い季節はホットワインで温まろう!自宅で簡単に作れるホットワインのレシピ7選 - 美味しいワイン

 

 

今回、ホット豆乳もヒットでした!

自然の甘さとクリーミーさが優しくて寝る前でも飲めちゃうのが良かったです。

豆乳にコンソメ入れてスープにしても良さそう!

 

そんなこんなで堪能した秋キャンプ。

 いつもお友達に誘われて仲間に入れてもらっている立場から、自分たちになりに楽しむキャンプを模索していましたが、今回今後の方向性を決めました!

 

 

目指せ!ミニマムキャンプ

キャンプってどうしても道具が多くて荷物が多くて、それがかなりハードルになって触手が伸びにくい私たち夫婦でしたが、自然の中で過ごすのはやはり気持ちが良いなと実感。

 

丁度最近ヒロシ(「ヒロシです」の芸人のヒロシがソロキャンプ動画で再ブレーク中だそう。"徹子の部屋"に出てて面白かったです!)のソロキャンプ動画を見て衝撃を受けたので笑、ミニマムなキャンプを楽しむ方向性でハマりそうです。

 

 

従来のキャンプの「どうなのか?」と思うポイント

・グッズが多く荷物が多い

・準備に時間かかる

   (テントとか火を起こすとか)

・その割にすぐ片付ける

   (1泊の場合特に)

・グッズを持つと家に帰ってからの片付けや

    メンテナンスも大変。

 

 

と、マメな人に限定される趣味、という印象でした。

 

だから、ヒロシのソロキャンプ、という、"独りで"のキャンプはさておき、超コンパクトな荷物でキャンプを楽しむのは、「それだ!」感でいっぱいです。

 

更に車を持たない私たち夫婦なので、レンタカーしても良いですが、移動時間に寝たりスマホ見たりブログ書いたりできるって良いなと思うので、電車など公共の交通機関を使うスタイルも含めて模索します!

 

早速キャンプの帰り道、コンパクトにできるミニマムキャンプグッズを調べてみました。

またまとめたいと思います!

 

今回訪れたのは、↓こちら!

那須高原アカルパ – 那須高原アカルパオートキャンプ場|オフィシャルページ

 

 

 

<このブログ全体の目次>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip