KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

ドイツのクリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記③ 準備編<レストラン予約>

f:id:makikosuwa:20181202105943j:image

 2018年12月にドイツのクリスマスマーケットと、冬バスクの味覚を楽しみにサンセバスチャンを訪れる5泊7日の旅。

 

ここまで、”全体スケジュール”、”航空券・鉄道予約”、”ホテル予約”、とまとめてきて、続いては、とても大事な”レストラン予約”です!

 

旅に出る時、どのタイミングでどこで何を食べるか、がとても大事な私たち夫婦。

ご馳走が続き過ぎてもいけないし、少し遠出して食べるならその移動時間なども考慮したいもの。

ランチで行くべきレストラン、ディナーで行くべきレストラン、もまた違いがありますね。 

 

  

シュトゥットガルトのレストラン予約

シュトゥットガルトでは、基本クリスマスマーケットで飲んだり食べたりする予定なので、事前のレストラン予約はなし、です。

 

美食はサンセバスチャンにお任せして、ドイツではクリスマスマーケットの雰囲気や街並みを散策して楽しむことがメインです。

 

でも、クリスマスマーケットで食べるべきものはチェックしました!

f:id:makikosuwa:20181202111506j:image

 (画像はきらめくドイツ クリスマスマーケットの旅より)

ブラードヴルストとは、炭火でグリルしたソーセージのことで、地方によって形状や種類が異なるそう。

ドイツといえば、ソーセージ!ですもんね。

 

f:id:makikosuwa:20181202111334j:image

フラムラックストは、サーモンに塩・胡椒して直火で焼いたものをサンドイッチにしたもの。

 ナッケンステークは、炭火で焼いた豚肉をマスタードやケチャップをかけてパンに挟んだもの。

カルトッフェルプッファーは、すりおろしたジャガイモをフライにしたホテとパンケーキ。甘いりんごのムースが添えられていることが多いそう。

ハイセ・マローネンは、ほんのりとした甘みの焼き栗で、日本の天津甘栗よりも甘さ控えめ。

 

まさにヨーロッパのマーケットで食べるもの!って感じでワクワク!

 

あとは、トリップアドバイザーのランキング上位のお店だけチェックして、Google mapに登録しておきました!

 

 

サンセバスチャンのレストラン予約

サンセバスチャンでは、バルは基本予約が要りません。

ただ、人気レストランに行く場合は、いつどこに行くか、事前に決めて予約をしておかないと入れない場合が多いです。

世界中から注目されているサンセバスチャン、バスク地方なので、早めの予約が安心です!

  

Asador Etxebarri(アサドール・エチェバリ)

今回一番行きたかったのは、Asador Etxebarri(アサドール・エチェバリ)

世界ベストレストラン2018で堂々の10位にランクインしています。

 2ヶ月半前の段階で、滞在する3日間全てを候補に入れていましたが、全て満席!

電車も通ってない、主要な街から数十分車に乗らないと行けないという、とっても不便な場所にあるのにも関わらず、ものすごい人気!

世界中のフーディが集まってくるんだから当然ですかね。

今回は諦めて、次回は3ヶ月以上前から予約します!

 

 

CASA JULIAN(カサ フリアン) 

f:id:makikosuwa:20181202133928j:image

 

今回エチェバリの次に行きたかったCASA JULIAN(カサ フリアン)

カサ フリアンがあるのは、サンセバスチャンから電車で40分ほどのバスク地方の小さな町”トロサ”。

美食で知られたバスク地方のいくつかの町には、“必ず食べるべし”な名物料理があるのですが、その代表となるのが、サン・セバスチャンのタパスゲタリアの魚の炭火焼、そしてトロサのチュレタと言われています。

チュレタとは、牛骨つきリブロース肉の炭火焼のことで、カサ フリアンは、世界一美味しいチュレタの店として名を馳せているんです。

こちらは、2ヶ月半前で無事予約が取れました!

 

ちなみに、ゲタリアの魚の炭火焼に関してはこちらを是非チェックしてください。

www.km-delicious-trip.com

 

そして、カサ フリアンを予約する際に、要注意!

カサ フリアンの公式HPで予約が取れるのですが、トリップアドバイザーなど様々なところに「公式HP」としてリンクが貼られていても間違っていることが多いです。

恐らく最近URLを変えたんでしょうね。正しくは↓こちら。

http://casajulianmg.com

 

少し遠出するので、明るいうちにトロサの街を見たいので、ランチで予約!

 

 

Arzak(アルサック)

f:id:makikosuwa:20181202133951j:image

サンセバスチャンにある三つ星レストランのうち、行ったことがあるのは

 ”Arzak(アルサック) ”、”Martin Berasategui(マルティン ベラサテギ) ”、”Akelarre(アケラレ) ”のうち、”Martin Berasategui(マルティン ベラサテギ) ” のみ。

 

今回、もう一つ行ってみよう!となり、選んだのは ”Arzak(アルサック) ”。

現在、スペインバスクがこれほどまでに世界中から美食で有名になったのは、1970年代に“ヌエヴァ・コシーナ”という、「素晴らしい食文化の伝統を持つこの地方の料理の魅力を現代に合わせて表現しよう、そのためにレシピを公開し合いお互いを高め合おう」というこの運動の旗揚げ役が、”アルサック”のホアン・マリ・アルサック氏。スペインバスクの第一人者。

今は娘のエレナ・アルサックが引き継いで、ホアン・マリさんが厨房に立つことは少なくなっているようですが、でも一度は行っておかないと行けないお店ということで今回行きたいと思います。

 

サンセバスチャンの三つ星レストランの比較記事を以前に書いているので、良かったら参考にしてください。

www.km-delicious-trip.com

 

Arzakの予約は公式HPのこちらから↓

https://www.arzak.es/en/reservation/

 

三つ星だし、サンセバスチャンを代表するお店出し、最終日のディナーに相応しいかなと思い予約しました。

予約確定までの連絡に時間がかかりましたが、時間を20:45〜ならOKと返事がきました!

 

 

Bodegon Alejandro(ボデゴン アレハンドロ)

f:id:makikosuwa:20181202134004j:image

そしてもう一軒予約したのは、Bodegon Alejandro(ボデゴン アレハンドロ)

こちらはミシュラン一つ星で、前回行ってとっても感動した三つ星のMartin Berasategui(マルティン ベラサテギ) のシェフ、マルティン ベラサテギのご両親が経営していたお店で、ベラサテギは14歳の時にこのレストランで働き始め、20歳で両親のレストランを引き継ぎ、25歳だった1986年に初めてミシュランの星を獲得したという、そんなお店なんです!

 

そして、今回ベラサテギのWikipediaを読んで初めて知ったのですが、

1996年と2009年には弟子たちとともにマルティン・ベラサテギ・グループを創設しており、多くの系列レストランが存在する[3]。これらの系列店には、ビルバオビルバオ・グッゲンハイム美術館にあるレストラン、サン・セバスティアンのクルサール国際会議場・公会堂にある「クルサール」(2007年に1つ星)、ボデゴン・アレハンドロ、ムガリッツ(2つ星)などが含まれる。

なんと!

 

私たちはグッゲンハイム美術館のレストランも行ったことがあるのですが、そちらマルティン・ベラサテギのグループだったとは。

 

その時の記事がこちら↓。このレストランも最高でした!

www.km-delicious-trip.com

 

そしてさらになんと!!

ミシュラン2つ星であり、世界ベストレストラン2018で第9位になった、あのMugaritz(ムガリッツ) も、マルティン・ベラサテギのグループになるんですね!

マルティン・ベラサテギ、凄い凄いとは思っていましたが、改めて本当に凄い人です。。

 

マルティン・ベラサテギ - Wikipedia

 

Bodegon Alejandroの予約はこちらから↓

http://www.bodegonalejandro.com/reservas/

 

こちらはサンセバスチャン到着が、フライトの関係で乗れるバスによって14時か15時になるかわからないので、昼は軽くバルで食べて、遅めのディナーで21:30に予約しました。

 

 

ちなみに、今回選ぼうと思って選ばなかったお店に、Azurmendi(アスルメンディ) があります。

スペイン最年少の三つ星シェフです。

ビルバオ空港から車で15分くらいで行けるので、ビルバオからサンセバスチャンに行く前のランチで行こうと思ったのですが、実は2017年に東京 六本木にエネコ東京 がオープンしているんです。

 

このエネコ東京は、Azurmendi(アスルメンディ)のシェフ、エネコ・アチャ・アスルメンディ氏の日本初進出のお店で、エネコ、という姉妹ブランドで出していつつも、アスルメンディのシグネチャーメニューもかなりいただけるとのこと。

それなら六本木でいいか、と今回は見送りました。

 

 

以上、3日の滞在で、KEYになるお店を1日1箇所ずつ予約できました!

それぞれバスクらしいお店でありながら、それぞれ違いがあるので、完璧なプランニング!と満足です!!

 

間の食事にはバルを挟みます。

バルもお気に入りのところと、新しく開拓したいところとあるので、胃袋足りない感じです。笑

 

 

出発日が迫ってきて楽しみ過ぎる!

こうやって下調べをした方が、事前からワクワクできるし、行ってからもスムーズだし、忙しい日々でも事前予約は超重要です!!

 

続いては、いよいよ出発します!

続きは↓こちら!

www.km-delicious-trip.com

 

 

<このブログ全体の目次 記事一覧>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip

 

<この旅行記シリーズ

ドイツのクリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記① 計画編 - KM delicious trip

ドイツのクリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記② 準備編<航空券・ホテル予約> - KM delicious trip

ドイツのクリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記③ 準備編<レストラン予約> - KM delicious trip

ドイツ クリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記④ 準備編<持ち物> - KM delicious trip

ドイツ クリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記⑤ 日本からシュトゥットガルトまでは簡単!便利! - KM delicious trip