KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

ドイツ クリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記⑤ 日本からシュトゥットガルトまでは簡単!便利!

f:id:makikosuwa:20181207142000j:image

ドイツのクリスマスマーケットと冬のサンセバスチャンを訪れる旅の旅行記、いよいよ出発します!

 

まずは、ドイツでは、世界最大級のクリスマスマーケット、シュトゥットガルトに向かいます!

 

 

 

シュトゥットガルトまでの行き方

 

成田空港からフランクフルトまで飛行機、

フランクフルトからシュトゥットガルトまで新幹線で直通、ととてもわかりやすいです。

 

 

シュトゥットガルトの街のこと

地図上で見てみると、

f:id:makikosuwa:20181207143916j:image

フランクフルトの南に位置する街です。

 

シュトゥットガルトをググってみると、

ドイツの主な産業都市として知られ、メルセデス ベンツポルシェの本社や博物館があります。町の中心部の周辺には緑があふれており、シュロスガルテン、ローゼンシュタイン パークなどの有名な公園があります。

魅力的な街ではありますが、行きたい国や都市が多い中で、個人的にはクリスマスマーケットのタイミングに行くべき街だと思いました!

 

あとは、シュトゥットガルトは三大ロイヤルバレエのひとつらしく、バレエが好きな人にとっては特別な場所のようですね。

 

 

成田からフランクフルトへ

 

今回は溜まったマイルを使ってJALでフランクフルトまで行きました。

 

JALの機内誌は丁度ドイツのクリスマスマーケットを特集してました!

f:id:makikosuwa:20181207142758j:image

そして、2つ目の特集としては、北海道ニセコを取り上げていて、これまた私たちがこの冬訪れたいと思っている場所。

 

そして、今回の機内食は、なんとRED U-35とコラボしてました!

 

RED U-35 (RYORININ's EMERGING DREAM)とは、新時代の若き才能を発掘する日本最大級の料理人コンペティションで、小山薫堂さんが総合プロデューサーを務めていることでも有名です。


f:id:makikosuwa:20181207142802j:image

時差の調節の為の睡眠だったり、どうせ食べるなら美味しい物を食べたいので、機内食は極力食べない私たち。

今回も一食分を食べないで良いように、直前にレストランでカレーを食べてしまっていたのですが、RED U-35とコラボと聞いたら興味が湧き、2人で1つだけ頂くことに。


f:id:makikosuwa:20181207142416j:image

メニューは、鶏肉とサーモンから選べるのですが、サーモンをチョイス。


f:id:makikosuwa:20181207142406j:image

柚子香る豆乳のクリームがとても美味しかったです。五穀米も柔らかくて美味しい。

機内食も美味しくなったものです。しみじみ。

 

ワインもこだわりのオリジナルが用意されてました。

f:id:makikosuwa:20181207145620j:image

JALワインアドバイザーの大橋氏と大越氏がオリジナルで作ったダブルオーというワインシリーズ。

白も赤も飲みやすく美味しかったです。

 

朝ごはんも、スープストックのミネストローネでした!

f:id:makikosuwa:20181207142941j:image

色々やってますね、JAL!


f:id:makikosuwa:20181207142933j:image

そしてフランクフルトへ到着!

 

 

フランクフルトでの乗り換え

フランクフルト空港は、ハブ空港だけあって、サインがわかりやすい!

まずは、ターミナル2での着陸だったので、ターミナル1までシャトルバスで移動します。


f:id:makikosuwa:20181208055320j:image

バス乗り場は出てすぐそこ。

わかりやすい!

10分ごとに出ています。


f:id:makikosuwa:20181207142411j:image

この黄色いバスで、約5分ほどでターミナル1へ。


f:id:makikosuwa:20181207143050j:image

ターミナル1に着いたら二階へ。

文字通り"long distance trains"です。


f:id:makikosuwa:20181207142356j:image

この"long distance trains"を追いかけて進みます。


f:id:makikosuwa:20181207142400j:image

広い駅の構内に出ました。

ここが、DBICEチケット売り場があり、乗り場が集まる場所。

 

f:id:makikosuwa:20181208001314j:image

DBとは、ドイツ鉄道(Deutsche Bahn AG ドイチェ・バーン)のことで、、ドイツで最大の鉄道会社のこと。

 

ICEとは、高速鉄道(インタシティー・エクスプレス)のことです。

 

DBのICEと、言ったら、JRの新幹線、と言っている感じですね。

 

フランクフルト空港に15:25くらいに着いて16:09のICEに乗れました。

だいたい30分ごとに出ています。

 

私たちは、↑このチケット売り場で買いましたが、そこで知ったApp Storeで、アプリをダウンロードしておくと便利です。

f:id:makikosuwa:20181208043254j:image

チケットを買うことはもちろん、電車の遅延情報や乗り換え情報などもリアルタイムにアップデートされていきます。

 

フランクフルトからシュトゥットガルトまで往復乗って、どちらも到着が数分遅れたので、フライトの関係があると心配になりますが、アプリで、「あ、8分の遅れね。」とわかっていると安心できます。


f:id:makikosuwa:20181208001322j:image

広くてきれいな構内。

フランクフルトからは、ドイツ国内の色んな主要都市にICEが出てますね。


f:id:makikosuwa:20181208001318j:image

このエスカレーターでホームに降ります。

不思議なことに、改札がないんですよね。

 

乗車券を事前に購入することができなかった場合、車内でも購入することができます。ただし12.5ユーロの割増料金を支払うことになるため、予め購入しておくことが無難です

https://tabicoffret.com/article/74689/index.htmlより。

 

と、あるものの、車内で車掌さんがチケットの確認に来ることもなく、「無銭乗車する人出ないのかな?」と、とっても不思議に思います。

 

 

フランクフルトからシュトゥットガルトまで

f:id:makikosuwa:20181208060111j:image

一等車と二等車があり、一等車の場合には座席指定があるのですが、二等車は自由席です。

 

フランクフルトからシュトゥットガルトまでは、わずか1時間ですし、二等車にしました。

クリスマスホリデー中のこの期間は、家族連れで混雑!

やっとこ、2人隣の席を確保しました!


f:id:makikosuwa:20181208045629j:image

食堂車もあり、長距離移動ならかなり便利ですね。

鉄道の旅も満喫できそう!

 

ちなみに、一等車のチケットを買うと、主要駅にあるDBのラウンジを無料で使用できるそう。

 

f:id:makikosuwa:20181208050759j:image

車内はこんな感じ。

いわゆる新幹線です。

二等車でも十分快適!


f:id:makikosuwa:20181208050813j:image

のどかな田園風景が続きます。

ブレブレですか。笑


f:id:makikosuwa:20181208050802j:image

日の入りが16時半くらいなので、夕暮れどきのステキな時間。


f:id:makikosuwa:20181208050817j:image

シュトゥットガルト中央駅に着きましたー!


f:id:makikosuwa:20181208050752j:image

全ての電車の終点なのか、DBのホームは、こんな行き止まりのタイプ。

f:id:makikosuwa:20181208053151j:image

(↑ ちなみにですが、隣接する地下鉄のHauptbahnhofは、ハブになっていて、沢山の電車が交差してます。)

 

DBの構内は、こんな感じのシックな造り。
f:id:makikosuwa:20181208050748j:image

クリスマスの飾りがついてますが、それでもシック。地味、とも言えます。


f:id:makikosuwa:20181208050755j:image

この暗さが、ヨーロッパ的であり、ドイツ的だなぁ、となんとなくな感想を持つ私達。


f:id:makikosuwa:20181208050809j:image

前述の地下鉄に乗り換える方向と出口の方向は同じです。


f:id:makikosuwa:20181208050820j:image

外もシックな街ですね。

 

12月は17時20分でこの暗さ。

タクシーでホテル(マンションの一室のairbnbみたいなとこでした)に行って荷物を置いたら、早速クリスマスマーケットに行ってみます!

 

続きは次回!

 

 

<このブログ全体の目次 記事一覧>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip

 

<この旅行記シリーズ

ドイツのクリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記① 計画編 - KM delicious trip

ドイツのクリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記② 準備編<航空券・ホテル予約> - KM delicious trip

ドイツのクリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記③ 準備編<レストラン予約> - KM delicious trip

ドイツ クリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記④ 準備編<持ち物> - KM delicious trip

ドイツ クリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記⑤ 日本からシュトゥットガルトまでは簡単!便利! - KM delicious trip

ドイツ クリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記⑥ シュトゥットガルト 前編 - KM delicious trip