KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

ドイツ クリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記⑧ エスリンゲン編

f:id:makikosuwa:20181222101540j:plain

ドイツのクリスマスマーケットと、スペイン サンセバスチャンを巡る旅行記。

ドイツ シュトゥットガルトのクリスマスマーケットに訪れた方には、是非エスリンゲンにも行っていただきたい!

 

中世にタイムスリップしたかのように、南独で最も美しいクリスマスマーケットのひとつと言われています。

 

エスリンゲンは、シュトゥットガルトから電車で15分の距離にある、美しい木組家屋とワインで知られる小さな町。

 

火曜日の夜にシュトゥットガルトに着いて、そのままシュトゥットガルトのクリスマスマーケットを楽しんだ翌日、昼間にエスリンゲンのマーケットに行くことにしました。

 

時差ボケで朝4時に起きてしまうものの、12月は日の出が8時くらいなので、外は真っ暗。

クリスマスマーケットは11時からなのですが、クリスマスマーケット以外のエスリンゲンの町を探索したいので、9時過ぎの電車で向かうことに。

 

 

行き方

シュトゥットガルト中央駅からエスリンゲンへ


f:id:makikosuwa:20181222100519j:image

 シュトゥットガルト中央駅は、16番線くらいまである大きな駅で、線路は行き止まりの始発終着駅になっています。

 

f:id:makikosuwa:20181222203726j:image

ドイツの電車でとっても不思議なのが、「改札がない」こと。

自動改札どころか、有人でも無人でも改札自体がないんです。

↑上の写真でも、線路のすぐ横にある出口は何にもない!

そのまま外に出てしまいます。

 

車内で車掌さんが来るんでしょうが、新幹線ならまだしも、在来線ではやっていられないと思うので、とっても不思議です。


f:id:makikosuwa:20181222100430j:image

切符売り場はホームにあります。

英語表記もあってわかりやすいです。

一人片道4.2ユーロでした。


f:id:makikosuwa:20181222100505j:image

2階建てのこちらの電車。

自転車マークがついていますが、1階は自転車ごと乗れるんですね。


f:id:makikosuwa:20181222100458j:image

 15分でエスリンゲンに到着!

小さくて素朴な駅です。


f:id:makikosuwa:20181222100509j:image

モダンなガラスの屋根がついたキレイな駅です。

 

エスリンゲン駅からクリスマスマーケット会場へ

 

エスリンゲン駅に着いたものの、どこがクリスマスマーケットなのか、まだ早い時間過ぎて人も少なくわからない私たち。

ウロウロしていたら、こちらの通りを発見!

いろんな方のブログで見ていた通りだ!と安心してここから進みます。


f:id:makikosuwa:20181222100454j:image

夜はイルミネーションキレイでしょうし、お店が連なっていて朝市もやっていて楽しいです。 

 

f:id:makikosuwa:20181223131435j:image

 Google mapでいうとこちら。

もっと大通りはあるのですが、この赤線部分のバーンホフ通りを進むと楽しいです。

★マークがこの記事のトップ画像に使われている運河の中洲にある木組みの建物でエスリンゲンのシンボル的な場所。

 

その奥のマルクト広場(プラッツ)がクリスマスマーケットの入り口です。

四角く囲ったところが、クリスマスマーケット全体です。

 

f:id:makikosuwa:20181223132311j:image

 こちらがマーケットの地図。

エスリンゲンクリスマスマーケットの公式HPはこちら

 

 

ということで、赤線部分を進んでクリスマスマーケットまでの道をそぞろ歩きました。


f:id:makikosuwa:20181222100435j:image

朝市をやっていて(といっても、私たちが帰る14時くらいまでやっていて、そこから全て撤収していました)、ピカピカのお野菜たちが並びます。


f:id:makikosuwa:20181222100501j:image

お肉やハム、チーズを売っていたり、様々なフードトラックが出ていました。


f:id:makikosuwa:20181222100445j:image

塔から伸びる綱渡りのオブジェ。

街並みも可愛いですね。


f:id:makikosuwa:20181222100524j:image

 通りの左側に目をやると、葡萄畑が。

エスリンゲンは、ワインの産地としても知られ、ドイツの発泡ワイン「ゼクト」はこの町が発祥の地だそう。


f:id:makikosuwa:20181222100532j:image

時間があったので、町をぐるりを散策していたら、スタバもこんな木組家屋になっていてカワイイ!


f:id:makikosuwa:20181222100528j:image

 歴史ある古い街並みが、シュトゥットガルトとはまた違った魅力です。

 

f:id:makikosuwa:20181222100910j:image

このロスネッカー運河にかかるアグネス橋と、その中州に建つ三角屋根の木組家屋がとても絵になる!

この先の塔になっている聖ディオニュース教会のすぐ左がクリスマスマーケットの入り口です。

 

クリスマスマーケットをレポート

マルクト広場(Marktplatz)


f:id:makikosuwa:20181222101047j:image

こちらが入り口。

駅から歩いてくると、だいたい徒歩10分くらいでここまで着きます。

何ともこじんまり、可愛らしい雰囲気で良いですね!


f:id:makikosuwa:20181222101014j:image

屋台ごとが分かれてなくて、全体としての一体感あるコーディネートが素敵なエスリンゲンのクリスマスマーケット。

 

夜はとても混むようですが、私たちは11時の開店と同時に入ったかなり張り切ったお客さん。笑

朝からコーヒーしか飲んでないのでお腹ペコペコ。

 

全体の様子を見るよりも、とにかく何か食べたい!
f:id:makikosuwa:20181222101039j:image

と、美味しそうな匂いのする屋台に吸い込まれていきます。

奥には教会だったり、町自体が歴史があり趣があるので、クリスマスマーケットの屋台の雰囲気を引き立てますね。


f:id:makikosuwa:20181222100927j:image

何だか美味しそうなお肉たち!

それでもドイツに来たからには、そもそもソーセージが大好きな旦那さんはまずはソーセージ。


f:id:makikosuwa:20181222100914j:image

もちろんグリューヴァイン(ホットワイン)も買って、この素敵な雰囲気の中で食べる本場のソーセージは格別!

ちょうど目線の先には、中世の衣装に身を包みながら子供達に説明している光景が。

日本に帰って来た今も、夢のよう。。


f:id:makikosuwa:20181222101052j:image

このお店は色んなお肉を扱っているので、屋台屋根の装飾がイノシシ!これもまた素朴で良いですね!

 

一杯目のグリューヴァインは飲み干してしまい、まだこれから散策するので、カップは戻し、デポジットを返してもらいました。(シュトゥットガルト同様、グリューヴァインを買った時にはカップ代の2.5ユーロが含まれておりデポジットとなっていますが、カップを返すとそのデポジット分は帰ってきます。)


f:id:makikosuwa:20181222101058j:image

こじんまりとしていながらも、落ち着きと趣とがあり心地よいクリスマスマーケット。

かなりテンション上がります!


湯気が上がって外気は寒そうに見えますが、12月上旬のこの日は日中で8度はありました。

 
f:id:makikosuwa:20181222101031j:image

こちらのお店も、ソーセージが美味しそう!

そして天井から釣り下がっている靴下型のカップもまたカワイイ!


f:id:makikosuwa:20181222101111j:image

 このこじんまりとしたカルーセルも、エスリンゲンの街並みとマッチして、本当に絵本の世界!


f:id:makikosuwa:20181222101103j:image

絵本の世界は続きます。

クリスマス タワーがカワイイ!背景ともマッチ!

f:id:makikosuwa:20181222101724j:plain

 

マルクト広場を中心とした一角には、多くの木組家屋が軒を連ね、1328年建造というドイツ最古の民家も残るというのですが、どれがその最古の建物かわかりませんでした。


f:id:makikosuwa:20181222100943j:image

ほんと、素朴なんだけど、凝っていて、それが本当に素敵!

世界観が最高です。

 

グリューヴァインを飲みながら、色々売っているお店をゆっくり見て回ります。


f:id:makikosuwa:20181222101010j:image

できれば、本場ドイツのクリスマスツリーのオーナメントが欲しいと思っていたのですが、ここでカワイイのを発見!

風合いも手触りも絵のタッチもカワイイ!


f:id:makikosuwa:20181222100918j:image

カワイイと思ったものを、選んでいきます。

1個2〜4ユーロ。


f:id:makikosuwa:20181222100931j:image

クリスマスの飾りがたくさん!

たくさんの中からお気に入りを探すのが楽しいですね。


f:id:makikosuwa:20181222100934j:image

お隣の中世のマーケットの衣装に身を包んだ女性が通り掛かりました。

この石畳に絵になる!


f:id:makikosuwa:20181222100939j:image

晴れてきました!

ここまでが、地図でいうと、この赤枠部分です。

f:id:makikosuwa:20181224110132j:image

ここからオレンジの枠で囲ったゾーンへ。

 

小人の国 (Zwergenland)

このエリアは、子供が楽しめるようなゲームができるコーナーがたくさん。

そしてここからは、既に『中世のクリスマスマーケット』ゾーンです。


f:id:makikosuwa:20181222101023j:image

木でできた小さな風車風の観覧車。

かわい過ぎ。

風車風ってのもおかしいけども。笑
f:id:makikosuwa:20181222101020j:image

この風車風の観覧車、まさかの手動。笑

大人二人が手で回してます。

そして、ひょっこり顔出すカワイイ男の子!


f:id:makikosuwa:20181222101115j:image

お店の人はみんな中世の洋服で、ドラクエの世界に迷い込んだよう。。


f:id:makikosuwa:20181222100955j:image

まだ早い時間だからか、誰もお客様がいない、ちょっとしたアトラクション。

 

その他、ダーツとか、日本の遊園地と基本同じ構成なものの、衣装や道具が中世の世界観どっぷりで、ホント面白い!


f:id:makikosuwa:20181222101005j:image

夜はこれまた怪しげぐらいの感じかと思われます。笑

 

そこを抜けると、

 

市庁舎広場(Rathausplatz)

地図で言うと、こちら。

f:id:makikosuwa:20181225222704j:image

緑の枠の部分で、ここも中世のクリスマスマーケットになってます!

 

f:id:makikosuwa:20181222100951j:image

 市庁舎広場に出ます。

これまたホント、ドラクエの世界!

子供達が、糸の紡ぎ方を教わってます。


f:id:makikosuwa:20181222100907j:image

その脇にある、何やらエキゾチックなお店が。

ステキな雰囲気と、美味しそうな香りに誘われて、オーダー。


f:id:makikosuwa:20181222100923j:image

ココナッツカレー❤︎

ここでも器はデポジットになってます。

屋台だけど、プラスチックとかでないのが良いですね!


f:id:makikosuwa:20181222101001j:image

うーん!美味しそう!

そして、スパイスとまろやかさがちょうど良い!


f:id:makikosuwa:20181222101108j:image

この雰囲気で食べるのは、これまた格別です!

 

f:id:makikosuwa:20181222101619j:image

そして広場では、何やら劇が繰り広げられているようで、コメディチックな様子。

笑いも起きてます。


f:id:makikosuwa:20181222101650j:image

お店も物色。

色んなスパイスや、

f:id:makikosuwa:20181222101715j:image

お香などキレイにディスプレイされてて見ているだけで楽しい!


f:id:makikosuwa:20181222101727j:image

このピンクでかわいいデザインの建物が、旧市庁舎

シンボリックな建物です。


f:id:makikosuwa:20181222101623j:image

更に細い道を進みます。


f:id:makikosuwa:20181222101532j:image

さっき終わった、と思った劇が移動しながら続いてた!笑

オーディエンスは皆んな散ってしまったのに。。それもまたコメディ感かしら。笑


f:id:makikosuwa:20181222101630j:image

何度も言いますが、町並みがステキ!


f:id:makikosuwa:20181222101639j:image

中世の衣装を着ている人をついつい見てしまって、目が合うから、つい追加のお酒を買ってしまう私たち。


f:id:makikosuwa:20181222101553j:image

このより一層素朴なエリアがよりほのぼのしてて良いんですね。

f:id:makikosuwa:20181225233418j:image

エリアで言うと、青枠の部分。


f:id:makikosuwa:20181222101529j:image

完全にタイムスリップしてます。

というか、RPGの世界に入り込んだ感じですね。


f:id:makikosuwa:20181222101614j:image

ほうきも売ってます。

買う人いるのかな?と思ってたら、地元の人っぽい方が買ってました!驚き!

実用性あるのかしら。。w

 

そして、ぼんやりと店番していたお姉さんの屋台はダーツ

旦那さんが「やりたい!」と言いだし、このクラシックなダーツに挑戦!
f:id:makikosuwa:20181222101635j:image

少しやる気を出したお姉さん。


f:id:makikosuwa:20181222101719j:image

堅い弓をぐいと引きます。

意外と上手に出来ました!

的の中心のレモンすれすれに矢が刺さりました!

 

暇そうにしていたお姉さんも、私たちがやり始めたらどんどんダーツ希望者が増えて忙しくなってました!笑


f:id:makikosuwa:20181222101731j:image

このブログにちょいちょい載せている地図は、現地にふとしたところに張ってあります。


f:id:makikosuwa:20181222101739j:image

RPGでもあるし、映画のセットみたいな気もする、なんとも不思議な気分。

でも、ずっと根付いているものだから、取ってつけた感がないんです。

 

超オススメです!


f:id:makikosuwa:20181222101742j:image

 晴れてきました!

 

最後は、また駅に向かうためにマルクト広場を通っていきます。

残りは写真集。
f:id:makikosuwa:20181222101549j:image

素朴でカワイイ屋台屋根装飾と教会。


f:id:makikosuwa:20181222101706j:image
味のあるおもちゃたち。


f:id:makikosuwa:20181222101559j:image

屋根装飾がキュートなお菓子屋さん。

 

f:id:makikosuwa:20181222101735j:plain

エスリンゲンのクリスマスマーケット、堪能しましたー!

最高です!オススメです!


f:id:makikosuwa:20181222101626j:image

 

続いては、シュトゥットガルトからサンセバスチャンに向かいます!

続きはこちら

www.km-delicious-trip.com

 

 

<このブログ全体の目次 記事一覧>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip

 

<この旅行記シリーズ

ドイツのクリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記① 計画編 - KM delicious trip

ドイツのクリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記② 準備編<航空券・ホテル予約> - KM delicious trip

ドイツのクリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記③ 準備編<レストラン予約> - KM delicious trip

ドイツ クリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記④ 準備編<持ち物> - KM delicious trip

ドイツ クリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記⑤ 日本からシュトゥットガルトまでは簡単!便利! - KM delicious trip

ドイツ クリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記⑥ シュトゥットガルト 前編 - KM delicious trip

ドイツ クリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記⑦ シュトゥットガルト 後編 - KM delicious trip

ドイツ クリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記⑧ エスリンゲン編 - KM delicious trip

ドイツ クリスマスマーケットとサンセバスチャン旅行記⑨ シュトゥットガルトからサンセバへ - KM delicious trip