KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

まるで海外!? ニセコでスキー! 計画・準備編

f:id:makikosuwa:20190310180932j:image

「スイスにスキーに行きたいなー」という旦那さんに、「え!?」と、そこまでスキーを愛してない私。

いつか行きたいけど、そこまで上手くないし、もっと行きたい国から行ってからの、いつかはスイスでのスキーも、くらいでいきたい。

 

そこで、ニセコを代替案としてプレゼン!

 

 

なぜニセコか

 

ニセコが凄いらしい!

海外からの評判高くて、外国人押し寄せてて、日本語も通じないくらい、ほぼ海外らしいよー!もちろん、雪質も最高だって!」

と力説して、今年はニセコに行くことに!

 

色んなメディアで、「ニセコが海外化している」ことを見聞きしていましたが、改めて、なぜニセコが外国人に人気なのか、調べてみました。

 

もう日本人の出る幕なし?外国人だらけのニセコに見る日本の未来(高橋 克英) | マネー現代 | 講談社(1/3)

によると。

 

ニセコが世界的に注目されはじめたのは2000年頃からだ。最初はオーストラリア人から人気に火がつき、その後、SNSなどを通じて評判が広がると、フランスを中心に、イギリス、ドイツ、北欧など、ヨーロッパ各国からもスキーヤーが訪れるようになった。

 

理由はズバリ、雪質にある。ご存知の方も多いと思うが、ヨーロッパのアルプスなどの雪質は固く締まっており、初心者には荷が重いところが少なくない。それに対し、ニセコはサラサラのパウダースノーで、しかも毎日のように雪が降るから常に新雪。一度これを体験すると、その違いに病みつきになる人が続出するのも頷ける。しかも、ナイター施設なども充実しているのに加えて、温泉や北海道の食と魅力に溢れている。

 

こんな、世界から注目されているニセコ。

国内線で簡単に行けるんだから、行かない手はないですね!

 

そして、

JALのマイルが貯まっていて期限がきちゃうので、それも丁度良かったです!

新幹線で行く場所よりも、交通費はかからないのが良いですね。

 

f:id:makikosuwa:20190311092329j:image

 

旅程

 

タイミングとしては、3月3日に東京マラソンを走るため、その直前は避けたかったので、3月2週目に(東京マラソンの翌週にはなりますが)、行くことに。

 

北海道とはいえ、本当は2月までの方が雪質は良さそうです。

ただ、3月はより空いている、というメリットもあるそう。

 

金曜日の夜に羽田を出て、21時過ぎに新千歳空港に到着。

この日は札幌泊。

すすきのまで移動して、ホテルに荷物置いたら、22時半くらいになるけど、北海道らしいもの食べたい!

 

土曜日の朝に、札幌からニセコまでバスで向かって、3日間スキーを楽しんで、月曜日の夜便で東京に戻るスケジュール!

 

これで、月曜日の一日だけ会社をお休みすればオッケーです!

 

 

ホテル・レストラン予約

 

ニセコビギナーの私たちがとっても謎だったのが、"ニセコ"と言って、どこを指すのか、なんだかよくわからなかったこと。

 

というのも。

 

"ニセコのスキー場"って4つに分かれているんですね。

その4つを総称して、今は「ニセコユナイテッド」としてプロモーションしています。

 

「ニセコユナイテッド」のHPによると、

ニセコアンヌプリ山(1,308m)の裾野に広がる、4つの広大なスキー場。

北東から「ニセコHANAZONOスキー場」、「ニセコグラン・ヒラフスキー場」、

「ニセコビレッジスキー場」、

「ニセコアンヌプリ国際スキー場」と大きく4つのスキー場に分かれ、それぞれに特徴あるコースが広がっています。

 

f:id:makikosuwa:20190311092726j:image

 

ふむふむ。

そして、各スキー場の説明を読むと、あまり違いが分からないものの、「グランヒラフ」が最大規模であるらしい。

f:id:makikosuwa:20190311153505j:image

 

ニセコ グラン・ヒラフサイトへようこそ! [NISEKO Mt RESORT Grand HIRAFU]

 

また、いわゆる栄えている場所であり、レストランがたくさんあるのは、グランヒラフの麓のエリアということが分かりました。

 

f:id:makikosuwa:20190311183109j:image

 

ホテル予約

ということで。

グランヒラフのスキー場に近いホテルを予約しました。

 

行く前までは、位置関係がイマイチ分からなかったのですが、行ってみてわかったことも含めて、良さそうなホテルは、

 

ヴェール ニセコ」:

このホテルは、世界のスキーリゾートのホテルランキングで世界一になっているホテルだそう。

ヒラフのお店がたくさん集まるエリアにあります。

f:id:makikosuwa:20190311214629j:image

 

綾 ニセコ」:

ヴェールニセコのすぐ隣。ベースとなるチケット売り場やレンタルスペースから更に下にリストが続いてるなあ、と思ったら、この綾 ニセコから直接スキーインスキーアウトできるためのリフトでした!凄い!!

f:id:makikosuwa:20190311214603j:image

 

 

木ニセコ」:

ゴンドラ乗り場にアクセスしやすいホテル。今回3日いて、2日は風が強く、また雪が降ることも多いそうなので、ゴンドラは寒くないし便利だな、としみじみ思いました。

f:id:makikosuwa:20190311214852j:image

 

シャレー アイビー」:

今回私たちが泊まったホテル。グランヒラフのベースまで歩いて3分。バス乗り場のウエルカムセンターもすぐ、で抜群のアクセス。

お店はのアクセスも良しで、清潔感に溢れるホテルで、上記の3ホテルよりはお値ごろ、というのがポイント。

(ただ、タイミングによって値段がバラバラなので、行く日程が決まったら、この4つは価格比較してみた方が良いです。)

f:id:makikosuwa:20190311215010j:image

 

今回、シャレーアイビーは、【Booking.com】 をよく使う私は、5回以上【Booking.com】 を使うと会員になれるGenius会員で、一部のホテルが10%OFF7になるのですが、このシャレーアイビーもGenius対象ホテルだったので、よりお得でした!

 

それぞれの地図上の場所はこちら!↓

f:id:makikosuwa:20190311175256j:image

 

Chalet Ivy (シャレーアイビー)(ニセコ町)– 2019年 最新料金

 

 

バス予約

札幌市内→ ニセコ →新千歳空港 のバス予約。

いくつかのWEBページでヒットしたのですが、私が調べた中で最もお得だったのが、この

北海道中央バスの、"ニセコ全山共通バスパック"。

f:id:makikosuwa:20190311181731j:image

バス会社によって、往復7,200円のバスもある中で、北海道中央バスは、まずバス代自体が安く、往復4,500円。

 

それに、全山共通バスパックで6,850円なので、リフト券8時間分が1,350円ということになります。

もともとの全山共通リフト券は、7,400円もふるので、1人あたり6,000円もお得

 

↓詳細はこちら。

北海道中央バス

 

実際バスの運転手さんも親切で、途中休憩も入り、とても良かったです!

 

 

レストラン予約

ハイシーズンのニセコは、レストラン難民になることもあるそうなので、特に人気店は事前予約が必須です。

 

今回、2日目の夜に行った"エゾシーフード"が最高にステキなお店でした!

f:id:makikosuwa:20190311220615j:image

また、旅行記に詳しく書きたいと思いますが、メニューはなく、こんなふうに水槽の中に入っているものや、冷蔵庫の中のものから食材を選んで、調理方法を相談して決めていきます。


f:id:makikosuwa:20190311220608j:image

ワクワクするお店で、お料理も本当に美味しかった!

それなりのお値段しますが、「せっかく北海道に来たんだから」という気持ちが、ついたくさん注文させちゃいますね。

 

エゾシーフード予約はこちら!

Reservations and Location

 

以上、ここまで予約しておけば完璧です!

 

長くなったので、実際の様子はまた次回に!

続きはこちら↓


 

 

<このブログ全体の目次>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip