KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

【日本橋】不二楼の紹介制フロアで熟成寿司を堪能!

f:id:makikosuwa:20180707161637j:image

日本橋 茅場町にある不二楼に、お誕生日に旦那さんに予約してもらって行ってきました。

 

このお店は、フロアごとに、内装とメニューが異なります。

【一階:焼き鳥】

【二階:魚介・天ぷら】

【三階:紹介制 新江戸前鮨※一般電話・ネット予約不可】

とあり、今回は紹介制の三階のお鮨フロアに伺いました。

こちらのお鮨は、熟成鮨とのこと。

 

不二楼のホームページを見ると、

「熟成か、鮮度か」

の文字。

日本が誇る『鮮度保持技術』と日本伝統の『熟成、発酵』といった技術の融合を行い、
圧倒的に旨味を増幅させた『熟成鮨』を提供しています。

 

近年は冷蔵技術が発達して、鮮度が第一になってるけど、魚介の旨味を最大限に引き上げる熟成技術を組み合わせたものということです。

 

期待が高まります!

 

カウンターに通してもらい、上記のようなお話を説明してもらい、お料理スタート!


f:id:makikosuwa:20180707161630j:image

まず出てきたのが、おつまみセット。

この後もお寿司の合間につまむのが幸せ!

 

直江兼続が書いた書物を紐解き、当時の塩辛を再現した塩辛が絶品!

烏賊が乾燥させているのか、水分が飛んで硬くて旨味が詰まった感じに、味付けもぎゅっと濃縮されたお味。

 

そしてイモ焼酎に漬け込んだ明太子や、食感が噛むたびに弾ける子持ち昆布。


f:id:makikosuwa:20180707161650j:image 

そしてお寿司スタート!

見た目からして、熟成鮨、普通のお鮨と違います。

細かな隠し包丁を入れているのも良いですね、本当に美味しいっ!

 

f:id:makikosuwa:20180713080036j:image

一貫ずつが、おぉーっ、となる美味しさ。

手で食べる旦那さんと、お箸で食べる私でシャリの硬さを変えてくれているそう。

 

f:id:makikosuwa:20180713080150j:image

鯵も絶品!


f:id:makikosuwa:20180707161647j:image

ポルチーニ茸が乗っていて意外な組み合わせ。

 

f:id:makikosuwa:20180713080207j:image

シメサバ。

それぞれネタによって、熟成期間が異なります。

 

f:id:makikosuwa:20180713080235j:image

鰤も、旨味たっぷり!

 

f:id:makikosuwa:20180713080333j:image

日本酒をお鮨ごとに合わせてお任せで出してくれます。


f:id:makikosuwa:20180707161622j:image

この、アップに耐えられる絵力。

凄いですね。

f:id:makikosuwa:20180713080400j:image

烏賊もねっとり!

一貫ごとの満足度が高いですね、熟成鮨。


f:id:makikosuwa:20180707161626j:image

ホッキ貝を焼いて出してくれました。

香ばしさとジューシーさが合わさって最高!


f:id:makikosuwa:20180707161654j:image

このお猪口の風合いが素敵で、気にいりました!


f:id:makikosuwa:20180707161659j:image

甘エビも素晴らしくねっとりしていて最高の旨味!

 

f:id:makikosuwa:20180713080646j:image

茶碗蒸し。

ウニとキャビアが乗っていて、となると、中には三代珍味の残り、フォアグラが。

 

最高の逸品です!

 

f:id:makikosuwa:20180713080730j:image

f:id:makikosuwa:20180713080643j:image

そして中トロ。

うまーいっ!!!

 

f:id:makikosuwa:20180713080832j:image

f:id:makikosuwa:20180713080848j:image

金目鯛も、熟成しているけど、身が締まっている感じもあり、美味しい!

f:id:makikosuwa:20180713080906j:image

f:id:makikosuwa:20180713080457j:image

炙りも食べ応えあり、美味しいー。


f:id:makikosuwa:20180713081001j:image

穴子もふっわふわ。


f:id:makikosuwa:20180713080957j:image

日本酒もどんどん進んじゃいます。

気に入ったお猪口とセットの徳利。

何度もかわいいフォルム。

 

f:id:makikosuwa:20180707164052j:image

太巻きも、カウンターなので、「これでもか!」という数の食材をどんだけ入れたか見ているだけに。

更にカットしたものの上に、いくらドーン!

うにドーン!

凄いインパクトです。

 

f:id:makikosuwa:20180713081035j:image

実際こんなにたくさんの具材がギュギュっと入ってます。


f:id:makikosuwa:20180707164039j:image

いやー、食べました、飲みました!


f:id:makikosuwa:20180707164048j:image

まだお腹が空いてることで旦那さんは太巻きをおかわり。

今度はいくらを乗せずうにだけで。


f:id:makikosuwa:20180707164044j:image

白木の清潔な空間で、美味しいお鮨をゆっくりいただくのは何とも幸せな時間でした!


ごちそうさまでした!

 

 

 

<このブログ全体の目次 記事一覧>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip

 

<関連記事>

【北参道】L'Octave Hayato KOBAYASHI - KM delicious trip

makikosuwa.hatenadiary.jp