KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

ニュージーランド旅行記9  オークランドのオイスターバー"Depot"

f:id:makikosuwa:20180402220907j:image

 ワイヘキ島から帰ってきた夜のオークランドでのディナーは、ニュージーランドでとても有名なシェフが手がける”Depot Eatery & Oyster Bar”にて。

 

ワイヘキ島では、そこまで美味しい牡蠣が食べられなかったので、期待が高まります!

そして、このオシャレな雰囲気。楽しみ!

 

 

 このお店は予約ができず、実際にお店に行って、名前を書いて電話番号を伝えておくと、自分の順番が近づいたら電話で教えてくれます。日本の携帯番号でOKです。

 

 夏の19時少し前にお店について、この時点で40分待ちでした!

流石の人気!

ホテルにチェックインする前にお店で名前を書いて戻ってくれば良かったです。

 

せっかく時間が空いたので、スーパーマーケットで時間をつぶしてました。

マヌカハニーやワインのラインナップを見ているだけでも楽しい!

 

約30分で電話がかかってきたので、お店に戻ります。

f:id:makikosuwa:20180402222730j:image

 お店の外の席(テラス席というより、通りにまで出ている席)で楽しんでいる人と、その席に向けて、窓辺のカウンターからドリンクが出されています。

 

この右の扉を入ると、カウンター席と、テーブル席でお客さんがギュギュッとしていて、本当に賑やかな雰囲気!

カジュアルで、この活気が本当に素敵なお店です。

 

f:id:makikosuwa:20180402222824j:image

 私たちは一番奥のキッチンに近い席に通してもらいました。

この後、この奥のキッチンカウンターのところの席も埋まっていきます。

 

f:id:makikosuwa:20180402222755j:image

 奥の席はちょっと段差で高くなっています。

この辺りのお店のつくりも上手いですね。

 

f:id:makikosuwa:20180402222856j:image

テーブルセッティングはこんな感じ。

ポップな写真が表紙のメニューも、このお店らしいテイスト。

 

まずは、スパークリングワインと、

f:id:makikosuwa:20180402233248j:image

待望のオイスターを1ダース!

1個$5nzdとやはり本場といえ、なかなかの金額はするのですが、流石の美味しさです!

ふにゃふにゃしていなくて、歯ごたえがしっかりしているのもGOOD!

 

f:id:makikosuwa:20180402235904j:image

カウンターの隣にある、名前の通りのオイスターバー。 

20時前の時点でかなり品薄になってきていて、

本当は、食べたかったのが”生ハマグリ”。

 

f:id:makikosuwa:20180402235330j:image

 Trip Advisorの口コミで、「”生ハマグリ(クラム)”が食べられる珍しいお店。食べるべき一品」とあったので、チェックしていたのですが、この日はあいにく売り切れ。

写真はTrip Advisorの投稿から拝借。

 

Depot Eatery & Oyster Bar (オークランド中部) の口コミ2,308件 - トリップアドバイザー

 

そしてもう一つ。

f:id:makikosuwa:20180402235805j:image

あれば絶対食べるべきなのが”ブラフオイスター”。 

またまた写真はTrip Advisorの投稿から拝借。

 

”ブラフオイスター”って聞き慣れないですが、「ブラフ」というのは土地の名前のことで、北島と南島に分かれるニュージーランドの、南島の最南端にある街です。

南島の最南端なので、その南側には、もう南極はすぐそこ。南極からの海流は水温が常に低く、きれいで、そんな海水を取り込みながら、ゆっくりと育つ牡蠣は、形は小ぶりで、さっぱり味の牡蠣に育つということ。

そんな環境でしか育たないブラフオイスターは、希少性が高く、主にニュージーランド国内で消費されているので、国外に出ることは滅多にありません。

出荷の時期も決まっていて、秋から冬にあたる3~8月までがブラフオイスターのシーズン

 

丁度私たちが訪れた3月の頭には、まだ入ってきたり入ってこなかったり、の時期でした。

私たち日本人からすれば南半球の果てでしか採れない“幻の牡蠣”とでも呼びたい特産品。そして季節も一年の半分ほどの季節しか口にすることができないのです。

 

期待していただけに食べられないのはとても残念でしたが、オークランド最終日に”KAZUYA"という、オークランドのTrip Advisorランキング1位のレストランで、奇跡的に食べることができました!

(その様子はまたまとめます!)

 

 

そして、オイスターの他に私たちが食べたのが。

f:id:makikosuwa:20180402233303j:image

 ”クラムがたっぷりのイカスミのリングイネ”。

ご覧の通り、ハマグリ(クラム)がたっぷりで、満たされなかった生ハマグリ熱を満たします。

生パスタでもちもち美味しい!

ハマグリもじゃないけど、ぷりぷりで美味しい!

でもパスタの分量がちと少なく2人で取り分けるとあっという間になくなりました。

MサイズとLサイズとあって、この写真は、Mサイズです。

 

 

そして、

メインディッシュのラムは、ラムが評判の高いお店に、はしごして食べるため、お腹いっぱいにできないので。

これ以上はあまりたくさん食べられないのですが、これも口コミで評価が高かったのが、こちら。

 

f:id:makikosuwa:20180402233314j:image

ジャンクですが、”ポテトスキン”。 

ポテトの皮をフライにしてあって、カリカリで、上にたっぷり乗せたチーズと最高に合うんです。

人気店だし、カジュアルながら、それなりのお値段するお店ですが、このポテトスキンはコスパ高し!です。

 

f:id:makikosuwa:20180402235339j:image

キッチンで、この人気店のオーダーを切り盛りするこの人。

ものすごくテキパキと指示を出し、自分も料理も作る姿は見ていて清々しい!

人気店には、やはりキーマンがいますね。

と感心してしまいました。

 

お店全体の接客は、急いでいるスタッフが多い関心で、すごく良いわけでないのですが、皆んなテキパキとしています。

レセプションの人は、やはりこれだけの待ち人数をさばいて、連絡して、の中、楽しそうに案内しているのがとてもステキでした。

 

とにかく、オークランドでも有名なオイスターバー、行く価値あり!です。

 

続いては、この夜ハシゴしてラムを食べた"Tony's Lord Nelson Restaurant"について、綴ります!

続きはこちら

www.km-delicious-trip.com

 

 

<このブログ全体の目次 記事一覧>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip

 

<このニュージーランド旅行記記事一覧>

ニュージーランド旅行記1 計画編 何する?どこ行く? - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記2 計画編 滞在日数に合わせた最強プラン! - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記3 準備編 ホテル・移動手配について - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記4 準備編 持って行くべき便利アイテム - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記5 オークランド到着!フェリーでワイヘキ島へ! - KM delicious trip

ニュージーランド 旅行記6 ワイヘキ島のワイナリーでディナー❤︎ - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記7 ワイヘキ島でアクテビティ"ZIP LINE"体験! - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記8 ワイヘキ島のワイナリーツアー ”Taste of Waiheke” 体験記 - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記9 オークランドのオイスターバー"Depot" - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記10 オークランド”Tony’s Lord Nelson"でラムチョップ♪ - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記11 オークランドからグレートバリア島へ!フライトはエキサイティング! - KM delicious trip