KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

ニュージーランド旅行記12 グレートバリア島 Medland Beach Lodgeに宿泊し、最高の体験に!

f:id:makikosuwa:20180408211123j:image

オークランドから、30分のフライトで、グレートバリア島に着いて、朝の8時半という、かなり早い時間だったにも関わらず、迎えに来てくれた、Medland  Beach  LodgeのMarkさん。

 

本当に、ここに泊まって良かった!

グレートバリア島を満喫するために、かなりオススメの宿泊場所です!

 

手付かずの自然が残るグレートバリア島では、どのエリアに泊まるかが、とても大事です。

 

今回泊まった"Medland  Beach  Lodge"がとてもステキだったので、その環境についてまとめました。

 

 

 

ロケーションとアクセス

f:id:makikosuwa:20180409063630j:image

私たちが泊まった"Medland  Beach  Lodge"は、空港から車で10分の距離にあります。

そして、何といっても、

私たちがグレートバリア島に来た大きな理由の「星空鑑賞」にMedland  Beachが最も向いているということ!

車で移動しなくても、少し歩けば満点の星が楽しめる!という、最高のロケーション!

 

そして、ビーチなので、もちろん泳げる!

 

空港からのアクセス × 星空 × 海水浴

 

という、最強コンテンツ満載の場所です。

 

ただ、レストランは周りにないので、

f:id:makikosuwa:20180409105556j:image

TRYPHENAまで行くか、買ってきて食べるか、になります。

 

夕陽を楽しみたい、とか、レストランまでのアクセスが大事、という方には、最も賑わっているTRYPHENAがオススメです!

(最も賑わっている、といっても、雑多な感じは一切ありません。)

 

外観

私たちの泊まる"Medland  Beach  Lodge"に着きました!事前に写真で見ていたとおりの、シンプルでステキなデザインのロッジです。

f:id:makikosuwa:20180409062831j:image

こんな朝早いので、まだ前に泊まっていたご夫婦がいました。

 

この時点で、関係性がわかっていなかったのですが、皆んな家族のように、キッチン周りやリビングで過ごしています。

 

オーナーでここに住んでいるMarkさん、2週間滞在しているスイス人のパトリックさん、その日私たちと入れ替えのご夫婦。

会った瞬間、好感を持ってしまう、皆とてもステキな人たち。

 

リビング

f:id:makikosuwa:20180409062851j:image

このかわいらしいリビングで買ってきたサンドイッチを、隣接するキッチンでマークさんが入れてくれたひきたての美味しいコーヒーをいただきながら食べます。

 

f:id:makikosuwa:20180408214728j:image

テラスは東側、海側にあり、壁面の飾りなど、マークさんが少しずつ好きなものを足していっているお家ということが伝わります。

この場所で朝ごはんをいただくのですが、その様子はまた綴りたいと思います。

 

サービス

島の地図をもらって、そこに説明しながら、色々書いてくれました。

 

グレートバリア島では、公共の交通機関がないので、レンタカーする人がほとんどなのですが、私たち夫婦はどちらも車の運転を普段ほぼしないので、田舎の島とはいえ、海外では怖いなぁと思っていたら、移動に関して調整してくれる親切さ!

 

なんとありがたい!

 

今回希望していた、ホブソン山に登るのは、今日にするか、明日にするか聞かれて、今日なら同じく泊まっているパトリックさんがホブソン山に登るから一緒に送ってくれるし、明日ならマークさんが送ってくれるとのこと。

 

ありがたーい。

 

今日は、午前中ビーチに行って、午後にはマウンテンバイクを借りて散策することにしました。

 

目の前のビーチの様子

f:id:makikosuwa:20180408214858j:image

ということで、まずは、ビーチへ!

 

f:id:makikosuwa:20180408214812j:image

ワイヘキ島でも見た、このかわいい紫色の花が咲いていて、奥に海が見えるという、最高のロケーション!

 

f:id:makikosuwa:20180408212117j:image

細い道が続いていて、まっすぐ海まで歩いていけました。

 

親切なマークさんが、ビーチタオルと、ボディボードを貸してくれました。

(ボディボードマウンテンバイクなどは貸してくれる、とBooking.comのページに表記されていたので、事前に貸して欲しい旨をメールで伝えておきました。)

 

f:id:makikosuwa:20180408212140j:image

誰もいない、自然そのままのビーチ。

人を怖がらない鳥がテクテク横切っていきます。

 

f:id:makikosuwa:20180408212232j:image

東向きのビーチ。

朝日が眩しくて、最高に気持ち良い!

 

f:id:makikosuwa:20180408212156j:image

水温はちと冷たいですが、一度「えいやっ」と入ってしまえば、あとは気持ち良い温度でした。

 

f:id:makikosuwa:20180408212412j:image

この、白い泡が何ともふかふかで、ボディボードしてると、この泡の上に乗ってふわーっと進む感じが何とも気持ち良いです。

 

f:id:makikosuwa:20180408212645j:image

この、ふわふわ感、写真で伝わりますかね?

クリーミーな泡で、何とも心地よいんです。

 

しばらくボディボードに夢中になる私たち。

かなり遠くまで足がつく遠浅のビーチなので安心です。

 

f:id:makikosuwa:20180408212807j:image

奥に見えていたポコンと立った島まで歩いてみることに。

木も生えているけど、大きな亀みたい。

 

f:id:makikosuwa:20180408212831j:image

何やら登れそうな階段を発見!

人工的に作られた感じです。

 

f:id:makikosuwa:20180408212858j:image

途中でも、崖っぷち、っていう感じで、冒険感。

だいぶ見下ろす景色に。

 

f:id:makikosuwa:20180408212930j:image

一番上まで上がったら、青い海が見渡せて、気持ち良いー♪

 

f:id:makikosuwa:20180408212947j:image

誰もいなくて、本当に贅沢!

 

と、思ったら、この小さな山に登ってきたおじさんが現れてビックリ。

っていうくらい、ほかに人をほぼ見ません。

3月の平日の午前中、だからですかね。

 

f:id:makikosuwa:20180408212714j:image

濃いエメラルドグリーンにキラキラ輝く海。

朝から早起きしたので、しばしお昼寝。

おかげで、真っ黒に焼けました!

 

 

ロッジの全体像

一度ロッジに戻ってシャワーを浴びます。

 

"Medland  Beach  Lodge"のこの写真、Booking.comで見たときに、

「こういう建物がいくつか並んでいるのかな?」と、思いましたが、

これが全部です。

 

f:id:makikosuwa:20180408215330j:image

そもそも、ゲスト用の部屋は2つしかなくて、こうなってます。

 

f:id:makikosuwa:20180410201833j:image

デッキテラスのすぐ側に、足についた砂を落とすための瓶があり、長いホースで水を流してくれました。

 

 

ゲストルーム

私たちの泊まった、上の写真で勝手につけた、ゲストルームAは、キッチンに続く廊下に繋がっていますが、パトリックさんが泊まっていたゲストルームBは、真ん中のテラスを抜けて行く必要があります。

 

f:id:makikosuwa:20180409062943j:image

私たちも、そのテラスを通って、リビングへ行き来していましたが。

 

f:id:makikosuwa:20180409062957j:image

お部屋はこんな感じ。

床がテラコッタタイル、天井が傾斜があって開放感と、シンプルでセンスも良いです。

ビーチ用のハットやバッグ、虫除けスプレーも部屋内にあります。

 

ポットやティーバッグなどお茶の準備もありました。

 

f:id:makikosuwa:20180409063044j:image

水回りはこんな感じ。

タオル類も、ビーチハウスって感じのデザイン。

 

f:id:makikosuwa:20180409063058j:image

長期滞在する人が多いんでしょうね、ベッドの下に収納できたり、住みやすくできています。

 

このロッジは2泊以上からでないと泊まれないのですが、オーナーのマークさんは、私たちが今回のニュージーランド旅行をわずか5日間の滞在にしていることに、「クレイジーだ」と言っていました。

 

お隣のお部屋のパトリックさんは、医療系の自分の会社を売って、お医者の奥様とお子さんをスイスに置いて、今は次にチャレンジすることを探す旅をしているとのこと。

 

なんて自由!

羨ましい!

私たちも目指したい!

 

ということで、そんなステキな人たちに囲まれての、わずかですが2泊のグレートバリア島滞在を楽しみ尽くします!

 

長くなってしまったので、続きは次回!

続きはこちら

www.km-delicious-trip.com

 

 

<このブログ全体の目次 記事一覧>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip

 

<このニュージーランド旅行記記事一覧>

ニュージーランド旅行記1 計画編 何する?どこ行く? - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記2 計画編 滞在日数に合わせた最強プラン! - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記3 準備編 ホテル・移動手配について - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記4 準備編 持って行くべき便利アイテム - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記5 オークランド到着!フェリーでワイヘキ島へ! - KM delicious trip

ニュージーランド 旅行記6 ワイヘキ島のワイナリーでディナー❤︎ - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記7 ワイヘキ島でアクテビティ"ZIP LINE"体験! - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記8 ワイヘキ島のワイナリーツアー ”Taste of Waiheke” 体験記 - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記9 オークランドのオイスターバー"Depot" - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記10 オークランド”Tony’s Lord Nelson"でラムチョップ♪ - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記11 オークランドからグレートバリア島へ!フライトはエキサイティング! - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記12 グレートバリア島 Medland Beach Lodgeに宿泊し、最高の体験に! - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記13 グレートバリア島 トライフェナにあるアイリッシュ・パブへ! - KM delicious trip