KM delicious trip

旅行と映画とマラソンと美味しい食事とお酒が大好きな夫婦の旅ブログ

ニュージーランド旅行記14 Medland Beachで星空鑑賞

f:id:makikosuwa:20180428215121j:image

私たちが、グレートバリア島を訪れた大きな理由が、グレートバリア島がDark Sky Sanctuary(ダークスカイ・サンクチュアリ)に認定された、という記事を読んだことから。

 

グレートバリア島がDark Sky Sanctuaryに認定されたのは世界で三番目という快挙らしく、ニュージーランドで満天の星空で有名なのはテカポですが、テカポの星空よりも高い評価を受けたとのことになります。

 

そんなグレートバリア島には2泊しましたが、初日からキレイに晴れて、星空が期待できるお天気!

星空鑑賞の様子を、今後訪れる予定の方のためにまとめます!

 

 

星を見るのは日の入りから1時間は経ってから

午前中は海でボディボードを楽しみ、午後はTRYPHENAまで、マウンテンバイクでひと山越えて往復して、なかなか疲れた私たち。

f:id:makikosuwa:20180428144824j:image

眠くなってきてしまいましたが、20時くらいに日が暮れてきて、星空鑑賞に向いているのは21時くらいからです。

楽しみ!!!

 

 

グレートバリア島のMedland beachが星空鑑賞に向いている理由

私たちが泊まっていたMedland Beach LodgeがあるMedland beachは、グレートバリア島の中でも、星空鑑賞に向いている場所と言われています。

 

Medland beachは、島の東側にあるので、夕陽の沈む逆側ということで、西側の町のTRYPHENAに比べて、空が暗くなることと、TRYPHENAには宿泊場所やお店もあるのに比べて、Medland beachには建物が格段に少ない、という、星空鑑賞に相応しい環境が揃ってます。

 

そもそも、グレートバリア島が認定されたDark Sky Sanctuaryというのは、街の灯りなど「光害」の少なさから認定されたもの。

 

グレートバリア島の人口はわずか約950人で、島には大規模な発電所はなく、風力や太陽光などで島の電力をまかなっています。

加えて、島には信号、スーパーマーケットなど、空を明るくしてしまう「光害」の原因になるものがほとんどないんです。

 

そのグレートバリア島の中でも、光害が少なく、空が広く見えるのが、Medland beachということになります。

 

f:id:makikosuwa:20180428215154j:image

 

因みに、ニュージーランドでこれまで唯一登録されていたテカポが認定されたのは、その下の「Dark Sky Reserve 星空保護区」で、全世界で11ヶ所認定されているそう。

 

さらにその下の「Dark Sky Park 星空公園」は、全世界に49ヶ所あるとのこと。

 

 

そんな、世界で指折りの星空鑑賞向きの場所で、わずか2泊の滞在で、いずれも晴れたのは、本当にラッキーでした!

 

 

自分たちでビーチで星空を眺めた初日

初日の夜は、21時を過ぎてからロッジの部屋を出ました。

お隣の部屋のパトリックさんが、趣味で360度カメラで撮影する、ということで、邪魔にならないように、少し遅れて私たちは出ることにしました。

 

3月頭のニュージーランドは、秋の初めで、日中は泳げるくらい暑かったものの、夜は長袖でも肌寒いくらい。

Medland Beach Lodgeの部屋に用意されていた毛布を持ってビーチまで歩いていきます。

 

事前に日本で買ってきた、このライトで、真っ暗な草むらを歩くのに便利でした。

f:id:makikosuwa:20180429125336j:image

頭につけられて、両手が空くので便利です。

そして、この赤いランプは、地面を照らしてくれつつ、周りの人の迷惑にならない灯りということで、星空鑑賞にはピッタリ。

★★Vansky 超強力LEDヘッドランプ ヘッドライト 明るさ180ルーメン 5つ点灯モード 防水軽量 USB充電式ケーブル付属 キャンプ/お釣り/ハイキングなどアウトドア活動に適用  MYR

価格:2,980円
(2018/3/24 20:01時点)
感想(0件)

 

ビーチに着いて、シートを敷いて、そこに寝転んで毛布をかけて、星を見る、という、これ以上ないくらい最高のシチュエーション!

 

ロッジからも星はたくさん見えていましたが、やはりビーチまで来ると、一面の星空!

 

天の川が肉眼でしっかり見えます!!

 

普段、こうやってビーチに寝転びながら星空を見る、と言うことが、東京ではなかなかない体験で、とても尊い時間に思えます。

今見ている星の光は、何年、何十年、場合によっては何万年前も前に放たれた光が、今やっと地球に届いている、と思うと、とても神秘的です。

 

本当に静かで、波の音しか聞こえません。

そして、真っ暗だからわからないだけかもしれませんが、360度カメラで星空を撮影していたパトリックさん以外、他の人はいなかったと思います。

もっと、星空鑑賞のメッカ、として人が集まっているのかと思っていました。

 

ちなみに、いくら私たちがiPhoneで写真を撮ろうとしても、全然星は映らず、真っ暗な闇が映るばかりでした。笑

 

 

そんな、自分たちとビーチと星空しかない空間で、ずーっと見ていたいくらい。

ここから、更に秋が深まって来た方が、更に星がキレイに見えるそうですが、あまり寒いのも辛いので、3月上旬は結構オススメです。

 

目が慣れてくると、星がたくさん有り過ぎて、空が全体的に白く感じられてきます。

ニュージーランドのある南半球は、星が密集しているのも、星空がキレイな理由だそう。

 

もちろん北半球とはまた違う星座が見られます。

私たちは全く詳しくないのですが、南半球でしか見られない星が鑑賞できるのも、ニュージーランドで星を見る一つの魅力と言えそうです。

有名なところで、南十字星や天の川の外側に位置する大小マゼラン星群ケンタウルス座、そして日本では冬の星座として有名なオリオン座も、逆さまになって見えます。

 

 

星空鑑賞ツアーに参加した2日目

翌日は、泊まっていたロッジのマークさんに勧められて、星空ツアーに参加しました。

よくHPやフライヤーでも見ていた、このGood Heavensのツアーです。

 一人90ドル、となかなかのお値段ですが、せっかくなので、参加することにしました。

 

f:id:makikosuwa:20180428215206j:image

この写真を見たら、期待が高まりますよね。

 

やはり21時少し前に、ロッジを出ます。

今日は、パトリックさんが車で乗せて行ってくれましたが、車で5分ほど、同じMedland Beachですが、少し移動しました。

 

そこに女性のスタッフが1名いて、迎えてくれました。

どうやら、私たち3人のみのようです。

 

 天体望遠鏡が既に用意されていました。

先に、PCの画面で、色々説明を受けます。

英語が得意でない私たちには、ちょっと難しかったですが、このツアーの女性の英語は比較的聴きやすい発音で助かりました。

(ニュージーランドではなまっているのか、全く聞き取れない人がよくいます)

f:id:makikosuwa:20180428215216j:image

(画像はGood HeavensのHPより) 

この写真のように、レーザーポインターを一人ずつ渡してくれて、説明してくれたり、質問できます。空まで届くポインターというのが、なんともテンション上がります。

 

天体望遠鏡では、有名な星に合わせてくれて、まるでダイヤモンドみたいな光を見ることができます。

 

と、この辺りで私たちも気がついてきたのですが、天体望遠鏡で見る、ということは、一つの星をしっかりと見ることはできますが、「満天の星空を楽しむ」ということとは違う、ということですね。。

 

・英語で星座というマニアックな説明を聞く

・一つずつのそれぞれの星の色や光を望遠鏡で見る

 

ということなので、「英語が得意」で「星座に興味がある」人でないと、このツアーには向いていません。笑

 

星空鑑賞まとめ

ちなみに、この圧倒的な写真に見える光景は、写真だからこそ、だそう。

f:id:makikosuwa:20180430104546j:image

残念ながら、肉眼でこのように見ることはできません。

 

ただ、どのくらいか、というと、

f:id:makikosuwa:20180503094539p:image

この写真くらい、です。

こちらは、グレートバリア島のツーリズムのWebページに載っていた動画をキャプチャしたもの。

http://www.greatbarrierislandtourism.co.nz/

 

このくらいの星の量が、360度遮るものがなく空一面に見ることができ、このくらい、キレイに天の川を認識することができます。

 

実際は、真っ暗なので、海面ももっと真っ暗なのと、山の稜線ももっと闇に馴染むので、この写真とはそこが違いますが、

その分、真っ暗闇に星たちと、自分たちの影だけ、という、都会では感じることのない、地球と宇宙を感じる体験が得られます。

 

ということで、

私たちにとっては、グレートバリア島で星空鑑賞するには、高いお金を払ってツアーに参加しなくても良い!という結論に。

 

もちろん、専門家に星について説明を受けながら、この満点の星空を体感したい方にはツアーも是非是非おススメです!

ハーブティとブラウニーをいただきながら、アットホームな雰囲気で、ステキな時間を過ごせます。

 

私たちは、帰国後に見つけたアプリ

f:id:makikosuwa:20180430110756j:image

この星座表というアプリ。

空にかざすだけで、

f:id:makikosuwa:20180430111837p:image

こんなふうに、星の名前と、象る星座を教えてくれる優れモノ。

 

 

まぁ、どれが何の星座かわからなくても、満点の星空を見上げながら過ごす時間は最高でした。

 

それが、「Medland Beach Lodge」に泊まっていれば、ビーチまで草むらを数分歩いて、誰もいないビーチに寝転んで、満点の星空を見られるので、何よりそれが良かったです。

 

これから絶対ニュージーランド人気が更に高まるでしょうし、その時にきっとこのグレートバリア島にも注目が集まると思いますが、この自然と星空が保たれると良いな、としみじみ思いました。

 

 

翌日は、最高の朝ごはんをいただいて、ホブソン山に登ります!

その様子はまた次回!

続きはこちら

www.km-delicious-trip.com

 

 

<このブログ全体の目次 記事一覧>

◆このブログの目次◆ - KM delicious trip

 

<このニュージーランド旅行記記事一覧>

ニュージーランド旅行記1 計画編 何する?どこ行く? - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記2 計画編 滞在日数に合わせた最強プラン! - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記3 準備編 ホテル・移動手配について - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記4 準備編 持って行くべき便利アイテム - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記5 オークランド到着!フェリーでワイヘキ島へ! - KM delicious trip

ニュージーランド 旅行記6 ワイヘキ島のワイナリーでディナー❤︎ - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記7 ワイヘキ島でアクテビティ"ZIP LINE"体験! - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記8 ワイヘキ島のワイナリーツアー ”Taste of Waiheke” 体験記 - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記9 オークランドのオイスターバー"Depot" - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記10 オークランド”Tony’s Lord Nelson"でラムチョップ♪ - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記11 オークランドからグレートバリア島へ!フライトはエキサイティング! - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記12 グレートバリア島 Medland Beach Lodgeに宿泊し、最高の体験に! - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記13 グレートバリア島 トライフェナにあるアイリッシュ・パブへ! - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記14 Medland Beachで星空鑑賞 - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記15 マヌカハニーでニュージーランドな朝ごはん♪ - KM delicious trip

ニュージーランド旅行記16 グレートバリア島 ホブソン山頂上は絶景! - KM delicious trip